mednt.jp

mednt.jp

遺伝子治療は夢の医療であり、
人類に計り知れない恩恵を
もたらす可能性を秘めている。
しかしその恩恵を受けるには、
避けて通れない大問題がある。
あなたの遺伝情報を管理するのは誰か。
あなた自身か、医師か、保険会社か、それとも国か。
21世紀に生きる皆さんはそれを自分たちで
決めなくてはならない。
その日のために、誰もが遺伝子について
最低限の知識を持つことを要求される日が、
ついそこまで来ている。
Gene therapy is a dream medical treatment, and potential
to bring an inscrutable favor to the human race is hidden.
However, there is a large problem not to be able to steer around in receiving the favor.
Who manages your genetic code?
Is it you it or a doctor it or an insurance company or a country?
By yourself, you who live in the 21st century should decide it.
The day from which it is demanded that everyone have the minimum knowledge of
the gene for the day has inadvertently come there.
遺伝子医療の時代 21世紀人の期待と不安 ウィリアム・R・クラーク
より抜粋

添付ファイル: filemednt.xls [詳細]